江ノ島と鎌倉と湘南の海の写真

アクセスカウンタ

zoom RSS 4日間のいきものがかり

<<   作成日時 : 2011/08/02 11:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ツバメが落ちているのを拾った。ほとんど成鳥になっている固体。二羽の兄弟は自立したが一羽だけ満足に飛ぶことができず、巣から降りるくらいの飛行能力しか持っていない。尾羽がやけに短いようだ。それ以外にも何か体の障害があるかもしれない。親鳥はやむなく放棄したらしく、周囲にはツバメは見当たらない。自宅へ連れて帰り、洗濯物のカゴに布をしいて置いてみた。餌はオンブバッタやゾウリムシ、ダンゴ虫、シラスや小松菜、押し麦を水でふやかしたものetc はじめ食べなかったが二日目には箸から啄むようになった。一羽のツバメを生かすために多数の虫を捕まえるのは是か非か?なんてことはあまり考えない。生き物の飼育なんてしょせん気分でしていることなのだ。慣れてくると近づくだけで口を大きく開けて鳴くようになる。餌を元気欲食べるようになったが飛べるようになる気配はない。海外渡航は無理なので日本永住になりそうだ。オスとメスの見分け方を調べるとどうも人間には一目でわからないものばかりらしい。どうせ一生独身だからオスかメスかなんて関係ないか。

画像

ツバメの寝顔 マブタが下から閉じるのが少しだけ不気味に感じる。
保護した野鳥は届出をしなければいけないそうだが、しないうちに、四日目の朝死んでいた。餌を箸で食べさせたのは日中3回くらい。皿に置いたものはあまり食べなかったようだ。頻繁に大量に食べていないといけないらしい。前日は元気に見えたが実際にはダメージが溜まっていたのか。無理して我慢していたのかもしれない。短い同居生活は楽しかったが、野鳥の飼育は難しいと知った。

画像

雨が上がった午後、排水溝でおぼれたらしき野ネズミ 目の前の人間から逃げようとしない。しばらくじっとしていたがやがて自力で動けるようになり去っていった。

画像

ツバメが死んだ朝拾ったカブトムシ 鳥に襲われたらしく足を2本失っている。これも野生ではまともに生きてゆけそうにないので家で飼うことにした。バナナを抱いて酔っている間だけカゴの中にいることを忘れてる。メスを買ってきてやろう。
いきものがかりのベストアルバム「いきものばかり」、ツタヤでの新作扱いが終わっている。借りることにした。


絵葉書の新作 「夏の江の島」 発売中 http://www5d.biglobe.ne.jp/~shocoma/goods/postcard2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい
4日間のいきものがかり 江ノ島と鎌倉と湘南の海の写真/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる